F1 ニュース

投稿日: 2016.06.17 14:34
更新日: 2016.06.17 14:37

「マクラーレン・ホンダ&アロンソに負けない」とサインツ。受けて立つアロンソ


F1 | 「マクラーレン・ホンダ&アロンソに負けない」とサインツ。受けて立つアロンソ

 トロロッソのカルロス・サインツJr.が、今のメインのライバルはフォース・インディアとマクラーレン・ホンダであり、彼らとなんとかシーズン最後まで戦い続けたいと語った。

 今年トロロッソは、2015年型フェラーリパワーユニットを搭載して戦っており、他のパワーユニットと異なり、アップグレードがなされないままシーズンを乗り切らなければならない。

 ヨーロッパGPのFIA木曜記者会見において、パワーユニットのアップグレードが行われないのは苦しいかと聞かれ、サインツは、不利な状況下でライバル、フォース・インディアやマクラーレンと現在コンストラクターズランキング5位を争っているのは素晴らしいことだと答えた。

 カナダGP終了時点で、フォース・インディアは42点でランキング5位、トロロッソは32点で6位、マクラーレンは24点で7位に位置している。

「これからきつくなるだろうね。たとえば開幕戦オーストラリアでは予選5位と7位だったけど、カナダに続いてここアゼルバイジャンではQ3に進むのにも苦労するだろう。つまり少し後退しているということだ」とサインツJr。

「でもオーストラリア以来マシンもあまりアップグレードをしていないことを考えれば、後退のレベルはそれほど大きくないと思わない? 今も戦えているし、コンストラクターズ選手権で5位を争っているんだ」

「フォース・インディアとマクラーレンはたくさんのアップグレードを持ち込んでいる。なのに僕らはまだ彼らと戦おうとしている。オーストラリアと同じクルマでね。すごいことだよ」


本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング