F1 ニュース

投稿日: 2016.06.17 12:44
更新日: 2016.06.17 14:40

大事故の可能性が指摘、新バクーの特異なピットエントリー


F1 | 大事故の可能性が指摘、新バクーの特異なピットエントリー

 今週末初めてF1グランプリが開催されるバクー・シティ・サーキットの安全性について一部ドライバーたちが懸念を示しているが、ランオフエリアがない箇所があることのほかに、ピットエントリーの構造についても問題視されている。

 ドライバーたちはピットに入る際、高速のストレートからシケインを経て100メートルの直線を走った後に、スピード制限の白線を迎える。

 ターン16からターン1への長いストレートでは最高速が350km/hにも達するといわれており、ピットエントリーに全開で飛び込んでいく形になる。そこにはシケインが設けられているものの、ピットレーン速度制限区間はその少し先から始まる。そのためそこまでの区間でできるだけ時間を稼ぐためドライバーたちがプッシュし、事故が起こる可能性があるのではないかという懸念が生じている。

バクー・シティ・サーキット コース図
バクー・シティ・サーキット コース図

 
 ダニエル・リカルドは、バクーのピットレーンのエントリーを最適に走れば、決勝中に大きなチャンスになると述べた。

「すごいことになりそうだ。ピットエントリーというのは少しタイムを稼げる場所なんだ」とリカルド。

「ここのピット入口は特にそうだと思う。ドライバーがうまくやれた場合と、完璧にやれなかったりミスをした場合では、1秒とは言わないまでも簡単に0.5秒は違ってくると思う」

「クラッシュしたり大量に時間を失う可能性がある」

「コース上で誰かと争っていて、アンダーカットやオーバーカットをしようとするときには面白いことになるかもしれないよ」

「ピットエントリーをどう走ったかでポジションを守れるかどうかが決まる。僕としては面白いと思う」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

WAKO'S GIRLS
南まりあ(みなみまりあ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング