F1 ニュース

投稿日: 2016.06.17 09:00
更新日: 2016.06.17 14:41

「新バクー・サーキットは安全面で後退」ドライバーたちが懸念示す


F1 | 「新バクー・サーキットは安全面で後退」ドライバーたちが懸念示す

 ヨーロッパGPの舞台バクー・シティ・サーキットに関し、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンはF1の安全性が後退したと発言、懸念を示している。

 今週末初めて開催されるアゼルバイジャン バクーの市街地コースには非常に狭いセクションがある。バトンは、ランオフエリアがなく、エスケープロードが狭い箇所がいくつかあることや、ピット入口のレイアウトなどを心配している。

「いくつかのエリアで僕らは後退したようだ。理由は定かではないが」とバトン。

「このサーキットは反対の方向に進んだ。いろいろな状況において優れたサーキットがたくさんあるだけに残念だ」

「(バクーの)レイアウトは好きだ。エキサイティングな箇所がいくつかある。でも解決すべき問題がいくつかありそうだ」

「いくつか気に入らないコーナーがある」

「僕らは安全性向上に懸命に取り組み、常にサーキットの改善に努めてきた。なのにこのサーキットを実際に見ると、ターン3、ターン7、ターン14といったコーナーではランオフが全くない」

「ターン7には3つのTecproバリアがあり、その後はコンクリートのバリアになっている」

「建物があるからどうしようもない。本当に残念だ」

「僕らドライバーはFIAを信頼している。彼らは僕らの安全を維持するためにいい仕事をしてくれている」

「でもこのサーキットのランオフは小さい。僕が間違っているのならいいんだけど」

 メルセデスのニコ・ロズベルグも、ランオフに関して「少し心配だ」と認めている。

「下りのターン14ではすぐそばにウォールがある。ターン3とピット入口もそうだ。素晴らしいとはいえない」

 バトンはBBCに対し「誰にもミスやトラブルが起きなければ問題ない。ハッピーな気持ちでグランプリを終えることができるだろう。問題が起こらないことを祈るだけだ」とコメントした。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

F1 Photo Ranking

フォトランキング