F1 ニュース

投稿日: 2016.06.16 18:28
更新日: 2016.06.16 18:30

「アロンソがライバルを驚かせるパフォーマンス」:英誌全ドライバー評カナダGP編


F1 | 「アロンソがライバルを驚かせるパフォーマンス」:英誌全ドライバー評カナダGP編

 英AUTOSPORTが2016年第7戦カナダGPを戦った全ドライバーを10点満点で評価した。今回は最高点が9点、最低点が4点。マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソも高い評価を受けている。

 この企画は英AUTOSPORTが数年前から行っているもので、各グランプリにおいてすべてのドライバーに関して主に予選と決勝のパフォーマンスを評価し、さまざまなソースから得た情報を加味して採点する。

 今回は最高点9点がふたり、8点が4人のドライバーに与えられた。

■カナダGP 最高評価のふたりはタイヤをうまくマネージ

 今回は、ポール・トゥ・フィニッシュを成し遂げたメルセデスのルイス・ハミルトンと、ウイリアムズにとって今季初表彰台を飾ったバルテリ・ボッタスが9点と評価された。

「モントリオールを得意とするハミルトンだけに、彼がカナダ参戦9回中5回目のポールを取ったのは驚きではなかった」とと寸評には記されている。

「ただQ3最後のアタックでニコ・ロズベルグがロックアップしたことに助けられた部分もある」

「スタートはよくなかったが、決勝ではそれが唯一の失敗で、それ以外は文句のつけようがなかった。速さがありタイヤのマネジメントも非常にうまかった。今や完全にタイトル争いに復帰したといえるだろう」

2016年F1第7戦カナダGP 優勝:ルイス・ハミルトン、2位:セバスチャン・ベッテル、3位:バルテリ・ボッタス
2016年F1第7戦カナダGP 優勝:ルイス・ハミルトン、2位:セバスチャン・ベッテル、3位:バルテリ・ボッタス

 ウイリアムズのボッタスは7番グリッドからスタートし、3位でフィニッシュした。
「ボッタスは非常にうまくマシンから速さを引き出していた。ただ、フェリペ・マッサと異なりマシンが万全だったことを考えると、予選でフェラーリのキミ・ライコネンに勝つべきだったかもしれない。しかしQ3でフロントタイヤの温度が下がり、アンダーステアになったことが響いた」

「今週末の彼のパフォーマンスにはそれ以外に批判すべき点はない。見事なレースだった。他のマシンのミスや問題に助けられた部分はあったが、ハミルトンレベルのタイヤマネジメントを見せて、ウイリアムズに表彰台をもたらした」

 続く8点を与えられたのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテル(2位)、レッドブルのマックス・フェルスタッペン(4位)、カルロス・サインツJr.(9位)、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソ(11位)だった。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています