F1 ニュース

投稿日: 2016.06.24 11:31
更新日: 2016.06.24 11:35

レッドブル移籍で「92%の力で走ることを学んだ」とフェルスタッペン


F1 | レッドブル移籍で「92%の力で走ることを学んだ」とフェルスタッペン

 マックス・フェルスタッペンは、トロロッソ時代は可能な限り攻めた走りをしていたが、レッドブルF1のマシンに乗る現在は「92%」の力で走ることを覚えたという。 

 レッドブル移籍後の初戦となったスペインGPでは、18歳で史上最年少優勝を果たしたフェルスタッペン。しかしモナコではクラッシュによってリタイアを喫した。その後のカナダ、アゼルバイジャンではミスのない走りで4位と8位につけており、より競争力のあるマシンに乗ることで、走り方のスタイルがトーンダウンしたと語る。

「マシンのことを、だんだん理解できるようになった。素晴らしいマシンには常に改善の余地があり、限界での走行をする必要がなくなった。たとえばQ1なら99〜100%で走らなくても、92%で走れば通過できる。この1年半、Q3に進出するためにトップ10と戦っていたから、Q1最初のアタックから全開だった。でもアプローチの仕方が大きく変わった」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています