F1 ニュース

投稿日: 2016.07.25 14:22

今宮純の決勝インプレッション:セナよりプロスト的な「1秒差でも勝ちは勝ち」


F1 | 今宮純の決勝インプレッション:セナよりプロスト的な「1秒差でも勝ちは勝ち」

 ハンガリーGP通算5勝は今シーズン5勝目、ここでチャンピオンシップのリーダーとなったルイス・ハミルトン。その勝ち方は彼の憧れるアイルトン・セナではなく、アラン・プロストを思わせるような心憎いペース駆け引きによるものだった。

 速さで押すレースではなく、むしろ速さを必要十分な程度に抑え、2位ニコ・ロズベルグをぶっちぎろうとはしなかった。『1周引き離そうが1秒差だろうが、前でゴールすれば、勝ちは勝ち』。これは昔、国内レース取材を始めたころに日産ワークスチームの長谷見昌弘さんから聞いたお言葉。奥深い意味を、駆け出し新米記者の自分は理解するまでに時間がかかった。余談を言うなら星野一義さんはセナで長谷見さんはプロストなのかもしれない。F1取材に移行してから、おふたりを、そう思ったりした。

 ハミルトンに戻ろう。濡れたフリー走行1回目からインターミディエイト・タイヤでスタート練習に余念がなかった。序盤戦に露呈したスタートダッシュ力の不備を、チームはクラッチ機構からすべて見直し、本社モータースポーツ部門以外でも研究開発を重ねた。夏までに成果を出すのが命題。何度もピット出口で繰り返し、弱点をつぶそうと努力を惜しまないメルセデス・ワークスの底力。あのハミルトンが最近は必ず、優勝コメントでファクトリーのサポートを称えるようになった。お世辞みたいな言い方ではなく、実感している言葉だ。


本日のレースクイーン

カルソニックレディ
荒町紗耶香(あらまちさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング