F1 ニュース

投稿日: 2016.07.25 03:44

勝者ハミルトンがレース後に意見、ロズベルグの予選「罰則なし」に異議あり


F1 | 勝者ハミルトンがレース後に意見、ロズベルグの予選「罰則なし」に異議あり

 2016年F1第11戦ハンガリーGPで優勝を果たしたメルセデスのルイス・ハミルトンは、予選でのニコ・ロズベルグの走りにペナルティが与えられなかったことで、下位カテゴリーで戦うドライバーの黄旗区間での走りに悪い影響を与えかねないと語った。 

 ロズベルグは、Q3でフェルナンド・アロンソがスピンを喫したあと、ダブルイエローが提示された区間で一時減速するも、そのまま最後まで走りきりポールポジションを獲得した。一方のハミルトンは、減速してアタックを断念。ポールポジション獲得の機会を逃した。

 ハミルトンはレース後、ロズベルグに罰則が与えられなかったことに関して、まだ懸念を感じていると口にした。

「もしダブルイエローが提示されたら、マシンを減速させる準備をしなければいけないんだ」とハミルトン。

「ニコは僕が前の周に記録したスピードと同等の速さでコーナーに差しかかっていたんだ。実際、彼はペナルティを受けなかったから、これから僕たちは気をつけなければならなくなった。なぜなら下位カテゴリーを含めたすべてのドライバーたちは、ダブルイエロー区間では、わずかな減速だけで十分だという認識を持ったからね。非常に危険なことだと思う」

「これまではシングルイエローでコンマ2秒、ダブルイエローだとコンマ5秒失われることになっていたけど、次のレースからは、ポールポジションをかけて争う際、ダブルイエローが出た場合わずか0.1秒のロスだけでいいことになる」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています