F1 ニュース

投稿日: 2016.07.23 16:00
更新日: 2016.07.23 16:08

今宮純の金曜インプレッション:最速の王者は勝てない? ハンガロリンクの“伝説”


F1 | 今宮純の金曜インプレッション:最速の王者は勝てない? ハンガロリンクの“伝説”

 古くても新しいハンガロリンク、主催関係者の頑張りに花マルを。なんとスムーズな路面、みるみるうちにグリップしはじめてフリー走行1回目(FP1)から昨年のポールタイム1分22秒020を更新。フリー走行2回目(FP2)では1分20秒台に突入、低速タイプではなく“中速タイプ”と言い直そう。

 今年4月に4.381km全面新舗装工事を実施、ピットレーンまで、すべてやったところがすごい。WTCC戦では「3秒もタイムアップ!」と聞いていたから、31回目のハンガリーGPは高速化が一気に進むと予測した。

 昨年対比FP1で3.794秒、FP2で3.514秒アップ。このアップ率を当てはめると予選はコースレコードに限りなく迫るだろう。これまでポールポジション獲得ベストタイムは2010年セバスチャン・ベッテル(レッドブル)の1分18秒773、予選レコードは2004年ルーベンス・バリチェロ(フェラーリ)が予選1回目にマークした1分18秒436だ。

 もうひとつ予測する要素がある。ここは最近FP1から予選までの「コース進化値」およそ3秒強、新舗装だけにコンディションが変わらなければ、1分18秒の前半がターゲットタイムになりうる。

 また、タイムばかりにこだわらず、初日コース上のアクションを森脇さんと注視していて驚いたことが「みっつ、ありまーす」(これは森脇さんの昔の口ぐせ)。ひとつ、バンプが消えてしまった。ふたつ、コーナーのボトムスピードが目に見えて速い。みっつ、メルセデスにぴったりなコースに(!)。彼らのパワーとトルクは相変わらず強大で、それゆえ昨年までは横方向スライドや縦方向ホイールスピンなどがときどき見えた。でも、そうはならない。


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング