F1 ニュース

投稿日: 2016.07.27 18:01
更新日: 2016.07.28 17:52

アロンソ&バトン「F1があるべき姿に戻る」2017年に期待


F1 | アロンソ&バトン「F1があるべき姿に戻る」2017年に期待

 マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソが、2017年のF1新規則が今の不満を解決してくれることを切望している。

 
 2017年にはテクニカルレギュレーションが大きく変更され、エンジン開発に関してトークンシステムによる縛りがなくなり、空力とタイヤにも変更が導入され、今より圧倒的に速いマシンが走ることになると考えられている。
 
 アロンソは今のF1マシンが遅すぎること、思う存分アタックできないことに不満を持っており、来年の規則変更でいい方向に変わらなければF1から引退すると、最近発言した。
 しかし彼は、そういう懸念が杞憂に終わることを願っている。
 
「来年のマシンはよりチャレンジングに、よりエキサイティングになると思う」とアロンソ。
 
「コーナリングスピードが、昔のレベルに戻るはずだ。つまり、F1がそうあるべきレベルにね」
 
「(ハンガリーで)金曜にGP2のプラクティスを見ると、FP1のF1からわずか2、3秒の差で走っていた。そんなのは受け入れられない」
 
「今の(F1)マシンは遅すぎる。だが来年はF1として自然な状態に戻れるだろう」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
小林唯叶(こばやしゆいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング