F1 ニュース

投稿日: 2016.08.02 07:30
更新日: 2016.08.02 01:48

今宮純の決勝インプレッション:トラブルシュートに追われ、転落した跳ね馬の影


F1 | 今宮純の決勝インプレッション:トラブルシュートに追われ、転落した跳ね馬の影

 今シーズン、2番目に短いレース。90分44秒200、ルイス・ハミルトンが67周すべてトップのままゴール。これほど速いのに最速ラップを出す気はなく、49勝目もハンガリーGPと同じ“プロスト的”な勝ちかた。必要なときだけプッシュ、不必要なときはセーブ、これが今月4勝したハミルトンの新しい「連勝の方程式」だ。

 金曜はガラガラのスタンドで、2年ぶりドイツGPの熱気は、もうふたつ。静かな初日にニコ・ロズベルグ1位、セバスチャン・ベッテル3位につけ、土曜から客足が伸びたのは何よりだ。メルセデスとシェル(フェラーリ)が集客キャンペーンを実施、その効果もあったのだろう。

 この時期としては涼しめな曇天のもと、スタート14分前の定刻にドイツ国歌独唱がサーキットに流れた。耳にタコができるくらい表彰台セレモニーで聞くメロディだが、彼女の透きとおった歌声は新鮮な響きで胸がじんとした。個人的には今年の「ベスト国歌賞」を、さしあげたいくらい。コース上で州旗を一所懸命に振る少年少女たちも可愛らしかった。開会セレモニーは、これくらいシンプルでちょうどいい。

 14時03分過ぎ、ハミルトンが滑らかで精密機械のようなすばやさで1コーナーをとった。ポールポジションのロズベルグは、明らかなホイールスピン。この日の不運の始まりだ。最前列ふたりのスタート成否に続き、2列目ふたりが1コーナーを接近したまま並走。当たってはいない、極上サイド・バイ・サイド。この日の武運の始まりだ。

 ハミルトン、マックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルド、ロズベルグ……ベッテル、キミ・ライコネン。1周目、トップ6が4.700秒間隔で通過、3列目のふたりは、すでに大きく引き離され、主役を狙うどころか脇役にもなれない。近隣のヘッペンハイムで育ち、すぐ近くのワルドルフでカートを始めたベッテルにとって、ここはホームグラウンドのようなところ。チームメイトを抜いた彼に巨大スタジアムから声援が飛ぶが、それも次第におさまる。


本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング