F1 ニュース

投稿日: 2016.07.30 13:05

今宮純の金曜インプレッション:逆風の母国で、100%のコンセントレーションを保て


F1 | 今宮純の金曜インプレッション:逆風の母国で、100%のコンセントレーションを保て

 ホッケンハイムリンクの1コーナーが、“上海スタイル”の「ROLEX看板」無人スタンドに一変。戦前から数えて今年90回目となるドイツ・グランプリが、ついにこうなってしまったのか。金曜とはいえ、これほど観客が少ないのは1970年から35回目のホッケンハイムF1で初めてのことだ。2年前は、3日間で9万5000人。メルセデスのニコ・ロズベルグが母国で初めて勝った2014年、インフィールドを囲むスタジアムに空席が目立った。ニュルブルクリンクと交互に開催されていた2012年は合計15万人、10年前に比べたら半分程度でも、それなりに盛り上がっていたのだが。

 今月中旬からドイツでテロ事件が4件も連続発生、警戒レベルが引き上げられたままだ。GP開催にあたり、いままでにないセキュリティ態勢がとられ、こうした社会情勢も影響しているだろう。しかしメルセデス・チームが現在49戦42勝中で、ルイス・ハミルトンに逆転されたもののロズベルグはランキング2位につけている。チャンピオン争いの佳境を迎え、セバスチャン・ベッテルもフェラーリ色に染まって初お目見え。中堅ニコ・ヒュルケンベルグ、新鋭パスカル・ウェーレインも含めてドイツ勢は最多4人もいる。

 ありえない空想になるが、ホンダが連覇を続けて、日本人がタイトルを争い、フェラーリを筆頭に4人のドライバーがいたら『MLBイチロー選手ブーム』のようなニュースになってもおかしくない。でも、そうはならないドイツ国内F1事情……。先日のイギリスGPシルバーストンとは雲泥の差で、ハミルトンが満喫したような「母国ファンのあと押し」など、ロズベルグもベッテルも体感できる雰囲気ではない。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ダンロップ
生田ちむ(いくたちむ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング