F1 ニュース

投稿日: 2016.07.29 20:53
更新日: 2016.07.29 20:56

会見ピックアップ:ドイツなのにロズベルグが呼ばれないのは「あの件」が原因!?


F1 | 会見ピックアップ:ドイツなのにロズベルグが呼ばれないのは「あの件」が原因!?

 ドイツGPの木曜会見は、なぜかニコ・ロズベルグを除く3人のドイツ人ドライバーが出席。しかし、話題は母国GPよりも旬な「フラッグ・ゲート」が中心となり、当事者であるロズベルグを外したのは、そのせいかも……と勘ぐってみたくなる展開となりました。

 どんな話題にも、きちんと自分の意見を率直に語ったのは、前列中央に座ったセバスチャン・ベッテル。普段はニコニコしていますが4度の王者だけに、しっかりと自分の考え方を持っています。

 ミハエル・シューマッハーの時代と較べてドイツGPの人気が低迷していることを聞かれると「メディアでもネガティブな報道が多いし、コーナーが遅くなってはいないのにそう言われるし、音も良くない。真実ではないけど、以前のように壮観なものでないような印象を与えてしまう。それにチケットも高すぎると僕は思う」と持論を展開。

 反対意見が渦巻いているコクピット保護システムについては、前戦ハンガリーGPでドライバーたちに向けてFIAが説明会を開いており、ベッテルは「僕らは90〜95%が賛成しているのに、そうでないかのような間違った印象を与えるような報道がなされたのにはビックリだ」と発言。「これで救われる命もある。過去から学ばなければ、とても馬鹿げている」と斬り捨てました。


本日のレースクイーン

SAILUN DRIFT TEAM GIRLS
村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング