F1 ニュース

投稿日: 2019.07.25 17:48

「ビアンキに誇りに思ってもらえるように、良い結果を出したい」ルクレール、亡き親友への思いを明かす


F1 | 「ビアンキに誇りに思ってもらえるように、良い結果を出したい」ルクレール、亡き親友への思いを明かす

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、2014年に彼のメンターであり親友であったジュール・ビアンキに悲劇的な事故が降りかかった後も、F1でレースをする夢を捨てることはなかったと述べている。

 ビアンキからの揺るぎないサポートもあって、ルクレールはカートレースでのランクを上げていった。ビアンキはルクレールより8歳年上で、ルクレールの教師役だった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています