F1 ニュース

投稿日: 2019.07.26 18:08
更新日: 2019.07.26 18:11

ハースF1代表、グロージャンとマグヌッセンの同士討ちに怒り収まらず。2020年のラインアップに影響も


F1 | ハースF1代表、グロージャンとマグヌッセンの同士討ちに怒り収まらず。2020年のラインアップに影響も

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、2週間前に開催されたF1第10戦イギリスGPのオープニングラップに発生した同士討ちと2台揃ってのリタイアについて、今も激しい怒りが収まっていないと明かした。

 ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、イギリスGPの決勝レースの1周目に、ターン5に入るところで接触した。双方のマシンがともに激しく損傷し、結局ふたりともレースからのリタイアを余儀なくされた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング