F1 ニュース

投稿日: 2016.09.29 15:22

ワークス復帰も苦戦中のルノーF1、原因は組織の「甘さ」。今季の目標はハース逆転


F1 | ワークス復帰も苦戦中のルノーF1、原因は組織の「甘さ」。今季の目標はハース逆転

 ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、F1へのワークスチームとしての復帰は当初の予測よりも困難であり、チームとしての考えの甘さに原因があったことを認めた。 

 昨年12月にロータスを買収し、2ヶ月後に新車の発表を行ったルノーだが、2016年シーズンはCEOであるカルロス・ゴーンを含めた上層部の期待を大きく裏切るものとなった。15戦を終えた時点で、チームが今季獲得したポイントはわずか7ポイントにとどまっている。

 アビテブールは厳しい現状を把握してはいるものの、ここまでの困難さは予想していなかったと話す。

「F1のペースの進化度合いも含めて、今シーズンは予測よりもかなり難しい状況だと言える。我々のマシンは今シーズンではなく、2014〜2015年冬季の設計をベースとしていて、ルノーエンジンの発表に合わせて土壇場で作り上げたものだった。構想期間としては明らかにベストではなかったが、1年半の経過により他車にこれほどの差をつけられるとは、思ってもみなかった」

「我々の考えは少し甘かった。とはいえ、それは過去のことだ。重要なのはレースに懸命に取り組み、来シーズンに向けて楽観的かつ強気な姿勢を持ち、エンストーンのシャシー部門とビリーのエンジン部門のために高いモチベーションを維持すること。そして正しい方向へと進んでいくことだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
宮越愛恵(みやこしまなえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング