F1 ニュース

投稿日: 2019.09.01 13:59
更新日: 2019.09.01 14:02

トロロッソ・ホンダ2台が予選Q1落ち「パフォーマンス改善が結果につながらず」とテクニカルディレクター:F1ベルギーGP


F1 | トロロッソ・ホンダ2台が予選Q1落ち「パフォーマンス改善が結果につながらず」とテクニカルディレクター:F1ベルギーGP

 2019年F1ベルギーGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは18番手、ピエール・ガスリーは16番手と、ともにQ1で敗退した。最後のアタックラップの時間帯にアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィがトラブルでストップし赤旗が出たことが影響したとチームは説明している。

 クビアトのタイムは1分46秒518、ガスリーのタイムは1分46秒435だった。今回クビアトのマシンにはホンダの新しいスペック4パワーユニットが投入されており、ペナルティで最後方へグリッド降格されることが決まっている。土曜発表の暫定グリッドでは、クビアトには19番グリッドが、ガスリーには14番グリッドが割り当てられている。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング