F1 ニュース

投稿日: 2016.10.11 07:30
更新日: 2016.10.10 19:34

ドライバー決定遅れるルノー。マグヌッセン「金より才能で選んで」


F1 | ドライバー決定遅れるルノー。マグヌッセン「金より才能で選んで」

 ケビン・マグヌッセンはルノーF1チームに対し、2017年に向けて契約延長するかどうかを決定するための期限を延長した。

 マグヌッセンは、先月のシンガポール前にルノーがオプションを行使し契約が延長されることを期待していたが、いまだにチームの態度は定まっていない。オプション行使の期限は9月末で切れたものと考えられている。

 ルノーがターゲットとしていたセルジオ・ペレスは、つい先日、フォース・インディア残留を決定、来年同チームと4年目のシーズンを送ることを決めた。しかしルノーはトロロッソのカルロス・サインツJr.に関心を持ち、メルセデスが支援するエステバン・オコンのマノーでのパフォーマンスにも注目、最近ではニコ・ヒュルケンベルグと交渉していると報じられた。

 一方で、マグヌッセンとルーキーのチームメイト、ジョリオン・パーマーもまだ候補に残っているものとみられる。マグヌッセンは、すでに自由に他チームと交渉できる立場にあるのだが、ルノーに決断のための時間をもう少し与えることを決めた。それはルノーに残りたいという気持ちの表れであると、彼は言う。

「(さらに待つことにしたのは)僕がここに残りたいという気持ちの表れだ」とマグヌッセンは鈴鹿のパドックで記者団に語った。

「僕らは良好な対話と前向きな話し合いをしてきた。多かれ少なかれ状況を理解している。だから、問題を片づけるために彼らにもっと時間を与えたんだ」

「僕が言いたいのは、喜んで待つということだ。彼らに2週間与えた。その2週間で結論に達することを願っている」

「僕は状況を理解している。このチームは将来成功すると信じているし、長期的にこのチームに残りたい。それははっきりしている」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング