F1 ニュース

投稿日: 2019.11.01 12:59
更新日: 2019.11.06 20:04

F1アメリカGP 木曜会見:フェルスタッペン、発表されたばかりの2021年用の風洞モデルに興味津々


F1 | F1アメリカGP 木曜会見:フェルスタッペン、発表されたばかりの2021年用の風洞モデルに興味津々

 F1第19戦アメリカGPの木曜日のFIA会見は例年であれば、午前11時に開始されるのだが、今年はお昼の12時となった。理由は2021年の新しいレギュレーションを発表する緊急会見が同じ場所で午前11時から行われたからだった。

 通常より1時間遅れでスタートしたアメリカGPの木曜会見。出席したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ランス・ストロール(レーシングポイント)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)の5人は、FIAの新レギュレーション発表会後も、2021年用の風洞モデルが会見場に置かれた木曜会見が始まったこともあり、出席した5人のドライバーは、しばらくの間、目の前の風洞モデルに目が釘付けとなっていた。