F1 ニュース

投稿日: 2019.12.04 07:45
更新日: 2019.12.03 18:15

サインツ、最終ラップの争いが映されず不満「多くのファンが数多くのバトルを見逃している」


F1 | サインツ、最終ラップの争いが映されず不満「多くのファンが数多くのバトルを見逃している」

 マクラーレンF1のカルロス・サインツは、F1アブダビGPの決勝レースで壮絶な戦いを見せた。ドライバーズランキング6位をつかみ取ったのは、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグを追い抜いて10位入賞を決めた最終ラップでの見事な走りだったが、その場面がテレビで中継されることはなかった。

 2019年に、マクラーレンはサインツが安定した戦いをしてくれたおかげで、コンストラクターズ選手権で久々の上位復活(4位)を果たすことができた。F1パドックのほぼ全員が彼の成績を称賛する一方、評論家たちは、彼がレースでの一貫性やテクニックをシーズンを通して保っていたことを特に強調した。

 しかし、コース上でそういった才能や負けん気の強さを発揮しているにもかかわらず、F1中団グループのトップドライバーとしてのサインツ自身や、ひいては中団グループ全般の様子がテレビに映し出される機会は、なぜか非常に限られている。

 実際に、F1パドックではしばしば、今シーズンのサインツは見事な戦いを続けているはずなのに、テレビ画面では一度も見たことがない、などと冗談などを言われてきた。

 アブダビGP決勝が行われた12月1日のヤス・マリーナ・サーキットでも状況はおなじだった。最終戦では年間ドライバーズランキングにおける、熾烈な6位争いが予想されるというニュースは事前に十分広まっていたにもかかわらず、サインツが最終ラップでの巧みな走りからその座をつかんだ瞬間は、見事なまでに中継には映っていなかった。

「そのことについてあまり話すつもりはないよ」と、戸惑いを隠せないサインツは語った。

「でも、おそらく多くの人が、ランキング6位の座をかけた中団でのバトルが行われることをレースウイークの期間中に話をしていたはずだと思う」

「しかもその争いが最終ラップの、最終コーナーにまで持ち越されていたというのに、テレビで放送しなかったんだ!」

「ランキング6位をめぐるバトルの行方について、みんながこれほど盛り上がっていたのに、終わってみたらテレビでは放送されていなかった。不思議なことだよ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング