F1 ニュース

投稿日: 2020.02.02 07:35
更新日: 2020.02.01 21:18

90年代のF1で活躍したアレジ「今のF1が退屈になったとは思わない」


F1 | 90年代のF1で活躍したアレジ「今のF1が退屈になったとは思わない」

 元F1ドライバーのジャン・アレジは、グランプリレースは現在も、彼がフェラーリでF1に参戦していた当時と同様にエキサイティングであると考えている。

 アレジは1989年に、若き天才としてティレルから彗星の如くデビューを果たした。
 アレジはその才能を評価され、1991年にフェラーリに移籍。彼のF1キャリアは13シーズンにわたり、フェラーリでの1995年カナダGPで勝利を挙げている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング