F1 ニュース

投稿日: 2020.07.15 16:45
更新日: 2020.07.15 16:48

フェラーリF1の運営体制を疑問視する声「レッドブルやメルセデスと異なり、代表を支える人材がいない」


F1 | フェラーリF1の運営体制を疑問視する声「レッドブルやメルセデスと異なり、代表を支える人材がいない」

 元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットがあらゆる面での責任を引き受けている状況を疑問視し、責任を分担できる強力な人材を周囲にそろえるべきだと考えている。

 フェラーリがメルセデスに対抗できずにいることから、ビノットが技術、政治、戦略的任務といった幅広い包括的な役割を担っていることが、適切な体制なのかどうかを疑う見方が出てきている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています