F1 ニュース

投稿日: 2020.08.03 07:38
更新日: 2020.08.03 07:41

フェルスタッペン、2位キープのピット戦略に後悔なし「僕にもパンクの危険があった」レッドブル・ホンダ【F1第4戦決勝】


F1 | フェルスタッペン、2位キープのピット戦略に後悔なし「僕にもパンクの危険があった」レッドブル・ホンダ【F1第4戦決勝】

 2020年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位を獲得した。

 フェルスタッペンは3番グリッドからミディアムタイヤでスタート。ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)のクラッシュによるセーフティカー出動時の13周目にハードに交換、52周のレースの49周目までメルセデス2台に続く3番手を走行していたが、バルテリ・ボッタス(メルセデス)のタイヤトラブルにより2番手に浮上。その際、前のルイス・ハミルトン(メルセデス)とも後ろのシャルル・ルクレール(フェラーリ)とも大きなギャップがあったため、チームはファステストラップを狙うために50周目にフェルスタッペンをピットインさせ、ソフトタイヤに交換した。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
美月(みづき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング