F1 ニュース

投稿日: 2020.09.27 16:00
更新日: 2020.09.27 18:24

F1 Topic:現状維持のラインアップを最優先に考えるレッドブル代表。育成ドライバーへの特別な思いも


F1 | F1 Topic:現状維持のラインアップを最優先に考えるレッドブル代表。育成ドライバーへの特別な思いも

 2020年F1第10戦ロシアGP金曜日の会見で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)のレッドブル・ホンダ移籍の噂を一笑に付し、マックス・フェルスタッペンの残留に関しても、「私は100%マックスが2021年もレッドブルに残ると確信している」と自信を見せていたレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表。では、フェルスタッペンが残り、ハミルトンが来ないとすれば、もうひとつのレッドブル・ホンダのシートには誰が座るのだろうか。

 ホーナーによれば、「フェルスタッペンだけでなく、現在レッドブル・ホンダとアルファタウリ・ホンダでレースを戦っているほかの3人のドライバーとも、レッドブルは複数年契約を結んでいる」という。したがって、「我々がオプションを行使すれば、ほかの3人のドライバーを残留させることができる」ことになっている。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
安田七奈(やすだなな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング