F1 ニュース

投稿日: 2020.10.16 07:45
更新日: 2020.10.16 07:46

レッドブルF1首脳「2022年にホンダのパワーユニットを引き継ぐことが最も望ましい」自社開発は否定、規則凍結が条件に


F1 | レッドブルF1首脳「2022年にホンダのパワーユニットを引き継ぐことが最も望ましい」自社開発は否定、規則凍結が条件に

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、F1パワーユニット(PU/エンジン)規則が2021年末で凍結されるなら、ホンダが活動を終了した後、そのパワーユニットを引き継いで使用することが望ましいと語った。

 ホンダが2021年末でF1活動を終了することを決めたため、レッドブルはそれ以降のパワーユニットについての解決法を探っている。他のサプライヤーにスイッチする以外に、ホンダのパワーユニットを引き継いで2022年以降に使用するという選択肢があるが、マルコによると、レッドブルは現在そのソリューションを最優先して検討を行っているという。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
桜田莉奈(さくらだりな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング