F1 ニュース

投稿日: 2020.10.31 19:00
更新日: 2020.10.31 19:01

F1エミリア・ロマーニャGP金曜会見(2):フェルスタッペンが接触時の暴言を謝罪「ランスを侮辱する意図はなかった」


F1 | F1エミリア・ロマーニャGP金曜会見(2):フェルスタッペンが接触時の暴言を謝罪「ランスを侮辱する意図はなかった」

 F1第13戦エミリア・ロマーニャGPの金曜日の会見では、前戦ポルトガルGPで発した自らの発言に対して謝罪するドライバーが相次いだ。そのひとりがマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だ。

 フェルスタッペンの問題となった発言は、ポルトガルGPのフリー走行2回目にランス・ストロール(レーシングポイント)と衝突した際に無線で発した差別用語だった。無線では“ピーーー”という自主規制音によって、その単語は聞くことはできなかったが、そこには「Retarded」や「Mongol」という単語が含まれていたという。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング