F1 ニュース

投稿日: 2020.11.07 10:51
更新日: 2020.11.07 10:52

F1サポートレースのF2およびF3、2021年は週末3レース開催でラウンド数縮小。大規模なコスト削減策の一環


F1 | F1サポートレースのF2およびF3、2021年は週末3レース開催でラウンド数縮小。大規模なコスト削減策の一環

 将来F1に昇格することを目指す若いドライバーたちが参戦するFIA-F2選手権およびFIA-F3選手権に、2021年から大規模なコスト削減策が導入されることが発表された。これにより両選手権のレースウイークエンドのスケジュールが大きく変更される。

 11月8日、FIA-F2選手権およびFIA-F3選手権は、2021年の新たなコスト削減策を発表した。両選手権のサプライヤーは、エンジンリースおよび一部スペアパーツのコストを来年から大幅に引き下げることに合意したという。さらにプロモーターは、車両の仕様を一定期間変更しないことも決めた。F2マシンは2021年から3年にわたり同じ仕様のものが使われる。F3については2019年に導入された現在の仕様が2021年にも使われ、2022年からの3年間には同じ仕様のマシンが使われる見通しとなった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング