F1 ニュース

投稿日: 2020.11.26 17:50
更新日: 2020.11.26 17:51

ガスリー、相性の良いバーレーンで連戦に臨む。2戦目のレイアウトは「インディ500のミニF1版みたいだ」


F1 | ガスリー、相性の良いバーレーンで連戦に臨む。2戦目のレイアウトは「インディ500のミニF1版みたいだ」

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、バーレーン・インターナショナル・サーキットの外周コースで行われる第16戦サクヒールGPは、「スリップストリームのゲーム」になると考えており、世界三大レースのひとつであるインディアナポリス500のミニチュアバージョンのように感じるだろうと予想している。

 バーレーンでの2連戦は、今週末に第15戦として通常の5.411kmのコースで始まる。しかし12月4〜6日に開催される第16戦では、サクヒールの“アウター・ループ”で初めてドライバーたちが戦うところを目にすることになる。このコースは3.543kmで、11カ所のコーナーを含むものの、レイアウトはオーバルに似ている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

Pガール
鈴乃八雲(すずのやくも)

F1 Photo Ranking

フォトランキング