F1 ニュース

投稿日: 2020.12.05 12:58
更新日: 2020.12.05 13:03

ハミルトンの代役ラッセル、初日両セッション首位も「実際は最速ではない」と改善誓う:メルセデス【F1第16戦】


F1 | ハミルトンの代役ラッセル、初日両セッション首位も「実際は最速ではない」と改善誓う:メルセデス【F1第16戦】

 2020年F1サクヒールGPの金曜、メルセデスのジョージ・ラッセルはフリー走行1=1番手/2=1番手だった。

 ラッセルは、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性結果が出て欠場せざるを得なくなったルイス・ハミルトンの代役として急遽抜擢された。FP1では49周を走り54秒546、FP2では48周を走り54秒713をソフトタイヤで記録、両セッションでトップに立った。

2020年F1第16戦サクヒールGP ジョージ・ラッセルのメルセデスF1 W11
2020年F1第16戦サクヒールGP ジョージ・ラッセルのメルセデスF1 W11

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ジョージ・ラッセル フリー走行1=1番手/2=1番手
 W11での初日はいい一日だったが、これからやるべき作業があることは間違いない。新しいトラックレイアウトは通常のレイアウトとかなり違っていて、簡単なトラックでは決してない。予選はかなりの接戦になるだろうし、レースはドラマチックな展開になることが期待できる。

 このチームと仕事ができてうれしい。1周ごとにたくさんのことを学んでいる。僕のラップタイムが実態を示しているとは思わない。真のペースを表すものではないよ。FP2で燃料をたくさん積んだ際の走行でも苦労した。それが日曜の決勝でカギになるというのにね。

 レッドブル勢はロングランで速かったし、バルテリ(・ボッタス)はFP2で(トラックリミット違反により)ラップタイム(54秒506)が取り消されたけれど、そのタイムはセッション最速だった。

 接戦になるだろうから、今夜はしっかり取り組まないとね。快適に走れるようになるために、セットアップ作業など、やるべきことは山ほど残っている。とはいえ励みになる初日だったし、明日またW11に乗るのが楽しみだ。

(走行後の会見で語り)燃料を軽くしたラップで、僕はバルテリより0.15秒遅いと思う。でも、進歩しつつあるから、これからどうなるか見ていこう。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ENEOS GIRLS
今井みどり(いまいみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング