F1 ニュース

投稿日: 2021.01.22 09:03
更新日: 2021.01.22 09:05

フェラーリF1復活の鍵となる新パワーユニット。2022年の開発を前倒しにして改良図る


F1 | フェラーリF1復活の鍵となる新パワーユニット。2022年の開発を前倒しにして改良図る

 スクーデリア・フェラーリは、2020年のF1パワーユニット(PU/エンジン)はライバルたちよりも劣っていたものの、2021年には大きく進歩するものと確信している。

 2019年にはフェラーリのエンジンは優勢だったが、一部システムの使用を断念せざるを得なくなったことで、2020年にパフォーマンスが低下した。フェラーリは開発リソースのほとんどを2022年に集中させる一方で、2022年に予定していた一部開発を1年前倒しにし、最新パワーユニットに重要な変更を施そうとしている。

 オーストリアのグラーツに拠点を置くパワートレインエンジニアリング会社AVL社において、ウォルフ・ジンマーマンの指揮のもとで続けられている研究開発作業は、開発の初期段階において非常に印象的な成果を上げており、フェラーリはニューマシンに統合する前に、すべての新たなコンポーネントの検証を急いでいる。


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング