F1 ニュース

投稿日: 2021.02.15 07:59
更新日: 2021.02.15 08:01

レッドブルF1、2022年からのパワーユニット運営に向け『レッドブル・パワートレインズ』を設立へ


F1 | レッドブルF1、2022年からのパワーユニット運営に向け『レッドブル・パワートレインズ』を設立へ

 レッドブルの希望がかない、F1コミッションにおいて、2022年から3シーズン、パワーユニット(PU/エンジン)の開発を凍結することで合意がなされた。これにより、2021年末でホンダがF1活動を終了した後、レッドブルがそのパワーユニットを引き継いで2022年以降も使い続けるための条件が整ったことになる。

 ホンダが去った後もレッドブル・レーシングがトップチームのポジションにとどまるためには、ホンダのパワーユニットの知的財産権を取得し、さらに2022年からパワーユニット開発が凍結される規則が定められる必要があると、レッドブルは考えた。レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、パワーユニットを自社で製造しメンテナンスすることはできても、開発を進めることは技術的にも予算的にも不可能であると説明していた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Yogibo Racing Girls
青木もも(あおきもも)

F1 Photo Ranking

フォトランキング