F1 ニュース

投稿日: 2021.02.22 21:32
更新日: 2021.02.23 08:48

アルファロメオの2021年型F1マシン『C41』:開発トークンを使い、スリムなノーズに変更


F1 | アルファロメオの2021年型F1マシン『C41』:開発トークンを使い、スリムなノーズに変更

 アルファロメオ・レーシング・オーレンは、2月22日に2021年型マシン『C41』の発表会を、ポーランド・ワルシャワのワルシャワ大劇場で開催した。ポーランドは共同タイトルパートナーである石油精製および流通を手がける大企業、オーレンの本拠地だ。パンデミックの影響で、オンラインで公開された発表会には、チーム代表のフレデリック・バスール、テクニカルディレクターのヤン・モンショー、レギュラードライバーのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィ、リザーブドライバーのロバート・クビサが登場した。

 2020年型マシン名は『C39』だったが、2021年型はひとつ飛ばして『C41』と名付けられた。
 元々F1は2021年に次世代F1マシンを導入する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、プランを2022年に延期した。しかしアルファロメオはすでに最初の次世代F1マシンに『C40』の名称をつけてプロジェクトを進めていたため、過渡期となる2021年のマシンを『C41』と呼ぶことに決めたとも言われている。


本日のレースクイーン


村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング