F1 ニュース

投稿日: 2021.02.26 13:32
更新日: 2021.02.26 13:35

ローレンス・ストロール、アストンマーティン社への支配強める。かつての大株主が持ち株縮小


F1 | ローレンス・ストロール、アストンマーティン社への支配強める。かつての大株主が持ち株縮小

 アストンマーティン・ラゴンダの株主であるクウェートの株主グループ、アディーム/プライムワゴンが保有株数を減らしたことで、エグゼクティブチェアマンでもあるローレンス・ストロールが支配力をさらに強めつつあると報じられた。

 アディームのコンソーシアムは2007年にアストンマーティンをフォードから買収し、2018年に上場させた。かつては大株主だったアディームだが、先週金曜、同社の持ち株が7パーセントを下回ったことが発表された。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

SHADE GIRLS 2021
松田蘭(まつだらん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング