F1 ニュース

投稿日: 2021.03.15 12:08
更新日: 2021.03.15 12:10

アルファタウリ代表、2番手タイムを記録した角田裕毅を高く評価「非常に優れたパフォーマンス」【F1テスト3日目】


F1 | アルファタウリ代表、2番手タイムを記録した角田裕毅を高く評価「非常に優れたパフォーマンス」【F1テスト3日目】

 スクーデリア・アルファタウリF1のチーム代表フランツ・トストは、2021年プレシーズンテストを振り返り、ルーキーである角田裕毅は非常に優れたパフォーマンスを発揮したとして、高く評価する発言を行った。

 角田とチームメイトのピエール・ガスリーは、バーレーンでの3日間のテストで毎日、走行時間を半日ずつ分け合って走った。ガスリーは堅実に周回を重ね、3日間とも70周以上を走行、合計237周を走り、データを集めた。3日目最終日の3月14日に午後のセッションを担当した角田は、最もソフトなC5タイヤで1分29秒053を記録し、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがマークした最速タイムに0.093秒差で続く2番手となった。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム