F1 ニュース

2016.03.31

アロンソにドクターストップ、バーレーンGPでバンドーンがF1デビュー


F1 | アロンソにドクターストップ、バーレーンGPでバンドーンがF1デビュー

 F1開幕戦で大クラッシュを喫したフェルナンド・アロンソが、バーレーンGPを欠場することになった。代役は2015年GP2チャンピオンのストフェル・バンドーンが務め、今週末F1デビューを飾る予定となる。

 アロンソは11日前、メルボルンの決勝レースでエステバン・グティエレスと接触。事故の衝撃は46Gを超えたと言われており、彼のマクラーレン・ホンダMP4-31は大破した。アロンソは事故の直後すぐに自力でマシンから脱出し、メディカルセンターでも「問題なし」と診断されていた。

 しかし、バーレーン・インターナショナル・サーキットのメディカルセンターで、木曜日に90分間のチェックを受けた結果、アロンソは今週末のレースに出場できないと判断された。

F1第2戦バーレーンGP 木曜会見
F1第2戦バーレーンGP 木曜会見

 FIAの公式発表によれば「胸部CTスキャンの結果、アロンソはレースに参加する上で、安全な状態ではないと判断された。中国GPの前にも、再びチェックを受ける必要がある」とのことだ。

 バンドーンは岡山で3月31日まで、スーパーフォーミュラのテストに参加。マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーとしてバーレーンへ帯同するため、当初からテスト走行は初日のみ参加の予定となっており、すでにバーレーンへと向かっている。4月1日(金)のフリー走行1回目から、バンドーンがアロンソの代わりに出走する予定だ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
那津あやこ(なつあやこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング