F1 ニュース

投稿日: 2021.04.04 07:35
更新日: 2021.04.03 15:18

「ベッテルは心から尊敬する人」サインツ、レッドブルジュニア時代に知った温かい人柄を語る


F1 | 「ベッテルは心から尊敬する人」サインツ、レッドブルジュニア時代に知った温かい人柄を語る

 フェラーリのカルロス・サインツJr.は、2014年のある出来事によって、4度の世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルにより大きな敬意を抱くようになったという。それはベッテルがレッドブルからフェラーリに移籍する際のことだった。

 当時、サインツはトロロッソでF1デビューシーズンを迎える直前だった。一方のベッテルは、フェラーリでキャリアの新たな章を開くところだった。

 ベッテルはフェラーリへの移籍を前に、共に大きな成功を成し遂げたスタッフ全員ひとりひとりに感謝の気持ちを伝える手紙を書いたという。当時20歳のサインツは、RB10のセットアップ向上のために働き、レースの週末にミルトンキーンズのチームのシミュレーターで膨大な時間を過ごしていた。ベッテルはそのサインツにも手紙をくれたという。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています