F1 ニュース

投稿日: 2021.04.21 12:20
更新日: 2021.04.21 12:27

新人シューマッハーとジョーダン191、敗因はクラッチの使い方【GPカー創刊10周年特別企画Vol.2】


F1 | 新人シューマッハーとジョーダン191、敗因はクラッチの使い方【GPカー創刊10周年特別企画Vol.2】

「1冊1台」をテーマに、F1グランプリを戦ってきた歴史的名車たちにスポットライトをあてる不定期敢行ムック『GP Car Story(GPカー・ストーリー)』は、2021年の今年、創刊10年目を迎えます。それを記念して【GP Car Story創刊10周年特別企画】として、過去にGPカーで扱ってきた名車たちに再度スポットライトを当てていきます。

 今回特集するのは、1991年、ジョーダンがF1デビューを飾った記念すべき1台、『191』。7UPカラーのグリーンが鮮烈な印象を与えました。特にこのクルマが我々に衝撃を与えたのは、ミハエル・シューマッハーのデビュー戦、ベルギーGP。わずか1戦だけの搭乗でしたが、いきなり予選7位につけたルーキーのインパクトは計り知れないものがりました。

 あれから30年経った2021年、彼の息子ミックがF1デビューを果たします。偉大すぎる父を持つミックとは対照的に、F1デビュー当時のミハエルの知名度は驚くほど低いものでした。1年目のチームと新人ドライバーが起こした奇跡を振り返っていくことにしましょう。


本日のレースクイーン

5ZIGEN girls
松原杞紗(まつばらきさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング