F1 ニュース

投稿日: 2016.04.01 17:22
更新日: 2016.04.01 17:37

「なぜ『バニラアイス』を売り続ける?」とベッテル


F1 | 「なぜ『バニラアイス』を売り続ける?」とベッテル

 今週末のバーレーンGPで予選フォーマットが変更されなかったことについて、トップドライバーたちが驚きと不満の声を上げている。

 シーズン開幕戦オーストラリアGPで採用された新しいノックアウト方式の予選は、チームプリンシパルやファンの不興を買っただけでなく、ドライバーもほぼ全員が批判的な意見を述べていた。この新方式は次のバーレーンから変更されるものと思われていたが、F1委員会でルール改定に必要な全会一致の賛同が得られず、結局サクヒールでもメルボルンと同じ方式で予選を行わざるをえなくなった。

 セバスチャン・ベッテルは、大多数の意見がこれほど明らかに一致していながら、以前の方式に戻されなかったことに「失望した」と語っている。
「たとえ話として、僕らがアイスクリームを売っているとしよう。店ではバニラアイスを売っていたけど、大勢の客がチョコレートアイスを欲しがったとする。翌日店を開けるときには、チョコレートアイスを用意しておくのが普通だよね。ところが、僕らは次の日もまたバニラアイスを売ろうと決めてしまったんだ」
「お客さんが求めていることをするのが商売の基本だ。その正反対をやっているようでは、商売人としては失格だね」

 またジェンソン・バトンは、予選方式をめぐる一連の出来事についての感想を聞かれて、次のように答えた。
「たぶんみんなもそうだと思うけど、(変更なしと聞いて)驚いたね。メルボルンのときよりは見応えのある予選になることを願うしかないし、もしそうならなかった場合には、すぐに元に戻すという正しい決断をしてほしいものだ」 


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング