F1 ニュース

投稿日: 2016.04.01 15:17
更新日: 2016.04.01 15:31

岡山〜バーレーン。バンドーン移動の顛末と父に聞く息子のF1デビュー


F1 | 岡山〜バーレーン。バンドーン移動の顛末と父に聞く息子のF1デビュー

 3月31日、今シーズン全日本スーパーフォーミュラ選手権にDOCOMO DANDELIONから出場するストフェル・バンドーンが、急遽フェルナンド・アロンソの代役としてマクラーレン・ホンダからF1バーレーングランプリに出場することが決定した。バンドーンの出場までの顛末と、岡山に残ったバンドーンを良く知る人物の期待の言葉をお届けしよう。

 31日からスタートした岡山国際サーキットでのスーパーフォーミュラのテストに参加していたバンドーン。出場決定の報を受け岡山県美作市からバーレーンに向かったが、実は事前からある程度、F1への急な移動も視野にあったようだ。

ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

「ひょっとしたらF1の現場に早めに行かなければならないという可能性もあったので、もともと初日で切り上げるパターンと、2日間走るパターンと両方考えて飛行機のチケットは準備していました」とDOCOMO DANDELIONの関係者が語る。

「結局初日のみでこちらのテストを終え、バーレーンに向かうことになったのですが、たまたま岡山にも来られていたホンダの新井康久さんも初日が終わったところでバーレーンに行くことになっていて、ストフェルとフライトも同じだったんです」

「なので、新井さんが運転するフィットの助手席にストフェルを同乗させてもらって岡山空港に行き、そこから羽田に飛びました。羽田でトランジットして、ドバイに飛び、さらにバーレーンに行きました」