F1 ニュース

投稿日: 2021.05.04 08:41
更新日: 2021.05.04 08:43

ライコネンのペナルティへの再審理で決定が維持。規則の問題表面化も、F1エミリア・ロマーニャGPでのポイントは戻らず


F1 | ライコネンのペナルティへの再審理で決定が維持。規則の問題表面化も、F1エミリア・ロマーニャGPでのポイントは戻らず

 アルファロメオF1チームは、2021年第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝後にキミ・ライコネンに対して30秒のタイムペナルティを科されたことに疑問を持ち、再審理を要求したが、5月2日、スチュワードはこのペナルティを維持する裁定を下した。

 ライコネンは、セーフティカー後方で走行中にタンブレロでスピン、7番手から10番手に落ちた。その後、8番手まで戻したが、定められたタイミングまでに元々の位置には戻っていなかった。そのため、規則ではそのままローリングスタートを行うのではなく、ピットレーンからスタートしなければならなかったのだが、ライコネンはその規則に従わなかったため、レース後、10秒のストップアンドゴー・タイムペナルティに相当する30秒加算のペナルティが科された。これによってライコネンは9位から13位に降格され、ポイントを失った。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ENDLESS LADY
田中麻奈未(たなかまなみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング