F1 ニュース

投稿日: 2021.06.11 06:23
更新日: 2021.06.11 06:25

モナコGP、特別待遇を失う恐れ。F1が新契約での開催権料値上げを検討


F1 | モナコGP、特別待遇を失う恐れ。F1が新契約での開催権料値上げを検討

 モナコGPはF1において最も権威あるグランプリであり、インディアナポリス500、ル・マン24時間レースとともに、世界3大レースのひとつとされている。そのため、モナコは他のF1レースにはない、特別な待遇と特権を得ている。

 すべてのコースは、現在のF1の商業権保有者であるリバティ・メディアにグランプリ開催権料を支払う。2500万ドル(約27億円)以上を支払うサーキットが多く、一部サーキットの料金は極めて高く、例えば『Daily Mail』の報道では、今年初開催のサウジアラビアGPは、7000万ドル(約76億円)以上を支払うという。