F1 ニュース

投稿日: 2021.06.26 06:49
更新日: 2021.06.26 06:51

メルセデスF1のボッタス、ピットレーンでのスピンで3グリッド降格「危険なドライビング」との判定


F1 | メルセデスF1のボッタス、ピットレーンでのスピンで3グリッド降格「危険なドライビング」との判定

 メルセデスF1チームのバルテリ・ボッタスは、第8戦シュタイアーマルクGPの金曜FP2で、ピットレーンで危険な走りをしたとして、3グリッド降格ペナルティを科された。

 ボッタスは、ハードタイヤに交換し、ピットボックスから発進した直後、コントロールを失って、ピットレーンでスピン、マクラーレンのピットのそばでストップした。マクラーレンのメカニックたちがマシンの向きを変えるのを助け、ボッタスはコースへと出て行った。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング