F1 ニュース

投稿日: 2021.07.18 17:18
更新日: 2021.07.18 17:28

ホンダF1田辺TDスプリント予選後会見:史上初の試みも冷却、燃費に問題なし「決勝に向けエネルギーの使い方が十分見えた」


F1 | ホンダF1田辺TDスプリント予選後会見:史上初の試みも冷却、燃費に問題なし「決勝に向けエネルギーの使い方が十分見えた」

 2021年F1第10戦イギリスGP土曜日。歴史的な第1回スプリント予選は、2番手スタートのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がターン1までに首位を奪い、トップでフィニッシュした。しかしセルジオ・ペレスは終盤リタイア、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、角田裕毅は12、16番手のグリッド順を上げられないままチェッカーという厳しい展開となった。

 決勝レースも快晴、高温のコンディションが予想されるだけに、「タイヤマネージメントを含め、(ペレス以下の3台は)苦しい戦いが予想される」と、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは言明した。一方でここまでの2日間を終えて、「車体、パワーユニット双方で多くを学ぶことができた」として、「その学びを決勝レースの組み立てのなかに取り込んでいきたい」と、抱負を語った。


関連のニュース