F1 ニュース

投稿日: 2021.07.19 16:57
更新日: 2021.08.18 19:11

ルクレール「最後の最後に勝利を失った。悔しいがペースが良かったことはポジティブ」フェラーリ/F1第10戦


F1 | ルクレール「最後の最後に勝利を失った。悔しいがペースが良かったことはポジティブ」フェラーリ/F1第10戦

 2021年F1イギリスGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは2位、カルロス・サインツは6位だった。

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=2位
 あと数周というところで勝利を失ってがっかりしている。でもこの状況からポジティブな点を見つけ出そう。

 チャレンジングなレースだった。ファーストスティントでは、エンジンカットに悩まされ、それに対処するためにステアリングホイールの設定を変更する必要があった。その後は、問題をコントロールできたと思う。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング