F1 ニュース

投稿日: 2016.04.04 14:36

ピレリ「上位から下位に至るまで非常に多彩な戦略が展開」


F1 | ピレリ「上位から下位に至るまで非常に多彩な戦略が展開」

2016 バーレーングランプリ 決勝
ニコ・ロズベルグ、3ストップ戦略で昨シーズンから続く5連勝を達成し、
チャンピオンシップのリードを拡大
上位10名が9種類の異なる戦略を実行
フェリペ・マッサ、2ストッパー中最上位の8位を獲得

2016年4月3日、サヒール
 メルセデスのニコ・ロズベルグが、3ストップ戦略でバーレーングランプリを制し、2016年シーズン開幕からの2連勝を達成しました。ロズベルグの戦略は、P Zeroレッド・スーパーソフトとP Zeroイエロー・ソフトを使用したもので、2位を獲得したフェラーリのキミ・ライコネンも同じ戦略を使用しました。スタート直後に他車との接触アクシデントに見舞われたルイス・ハミルトンは、第2スティントにミディアムタイヤを使用する戦略で3位を獲得しました。2ストップ戦略を採ったウィリアムズのフェリペ・マッサを含め、上位10名が9種類の異なる戦略を実行しました。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「2016年シーズンのタイヤレギュレーションで2戦を終えたばかりですが、我々が期待した通り、特に今週は、上位から下位に至るまで非常に多彩な戦略が展開されました。ロマン・グロージャンがスターティンググリッドを最大限に活かして多くのポイントを獲得したように、タイヤ戦略は予選の段階から既に始まっていました。ニコ・ロズベルグとキミ・ライコネンは全く同じ戦略を使用して、その差わずか10秒でフィニッシュしました。フェリペ・マッサは、サヒールのトラックで伝統的に見られる高い磨耗率とデグラデーションの中、2ストップでフィニッシュし、軟らかくなったコンパウンドの性能と適応性の高さを示しました」

コンパウンド毎のラップタイム上位:
ミディアム
1 リカルド 1分36秒064
2 ハミルトン 1分37秒076
3 マッサ 1分37秒560

ソフト
1 ロズベルグ 1分34秒482
2 ハミルトン 1分34秒677
3 ライコネン 1分35秒158

スーパーソフト
1 ハミルトン 1分34秒721
2 ヒュルケンベルグ 1分35秒188
3 ナッセ 1分35秒360

最長スティント:
ミディアム 27周(エリクソン、マッサ)
ソフト 23周(ペレス)
スーパーソフト 19周(ペレス)

Truthometer:
我々の予測した最速戦略は、スーパーソフトでスタート、14周でソフトへ、29周でソフトへ、43周でソフトへ交換する3ストップ戦略でした。ロズベルグは、スーパーソフトでスタート後、13周でソフトへ、30周でスーパーソフトへ、そして39周でソフトへ交換する3ストップ戦略を採りました。

インフォグラフィックスで見る2016バーレーングランプリ決勝
インフォグラフィックスで見る2016バーレーングランプリ決勝

インフォグラフィックスで見る2016バーレーングランプリ決勝
インフォグラフィックスで見る2016バーレーングランプリ決勝


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング