F1 ニュース

投稿日: 2016.04.06 12:04
更新日: 2016.04.06 12:18

FIAとピレリ、F1タイヤ供給契約の延長合意は間近だと明言


F1 | FIAとピレリ、F1タイヤ供給契約の延長合意は間近だと明言

 FIAとピレリは、F1のタイヤ供給契約に関して、まもなく3年間延長することで合意に至るようだ。

 昨年10月にはF1最高権威者のバーニー・エクレストンが、2017年~2019年の期間もピレリがサプライヤーに留まると明言しているものの、それから6ヶ月が経過した現在も契約の締結には至っていない。2017年からはレギュレーションが大きく変更され、ピレリは特性やパフォーマンスが、より具体的に指定されたタイヤを製造することになる。そのためピレリ側は契約完了前に、ある程度の保証を求めている。

 FIAのレース・ディレクターを務めるチャーリー・ホワイティングは、供給契約について「契約がここまで遅れることは珍しいことではなく、2017年まで時間はまだある」と説明した。

「ピレリは達成すべき目標を契約に盛り込むよう要求している。またテストに関しても、より詳細な項目を記載することを望んでいる。我々が目標値を設定するのであれば、ピレリには目標を達成するための手段が必要になる。そのためにテストを実施できるという保証が必要なのだ」

「そのほかの部分は合意に至っている。もう少し安心して取り組めるよう、テストが行えるという保証を求めているんだ。さらに、より短期間で準備をするために、テストには1シーズン前のマシンを使用したいと希望している」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング