レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2022.08.12 07:36
更新日: 2022.08.12 07:34

GPDA理事としても評価が高いベッテル。F1引退後の留任を希望する声

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | GPDA理事としても評価が高いベッテル。F1引退後の留任を希望する声

 4度のF1チャンピオン、セバスチャン・ベッテルが2022年シーズン末でF1を引退するため、F1ドライバーたちの組合であるグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)は彼の後任となる理事を探さなければならない。

 2014年からGPDA会長は元F1ドライバーのアレクサンダー・ブルツが務め、現在、理事の役割を現役F1ドライバーのベッテルとメルセデスのジョージ・ラッセルが担っている。さらに法律顧問であるアナスタシア・ファウルも昨年、理事に任命された。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム