F1 ニュース

投稿日: 2017.01.20 06:19
更新日: 2017.01.20 11:00

【Q&A】F1電撃復帰のマッサに聞く:「涙で送り出したファンの反応が、心配ではないですか?」


F1 | 【Q&A】F1電撃復帰のマッサに聞く:「涙で送り出したファンの反応が、心配ではないですか?」

 バルテリ・ボッタスのメルセデス移籍に伴い、フェリペ・マッサはF1引退を取りやめて2017年もウイリアムズで引き続き走ることを決めた。感動的な引退セレモニーの後、現役続行を決めた理由、今シーズンの目的を、マッサがチームのインタビューにおいて語った。 

──あなたは昨シーズンの終わりがF1から引退するのに適切な時期であると感じたと語っていましたが、何が変わったのですか?

フェリペ・マッサ(以下マッサ):レースと競争への情熱をまだ持っているので、どこかでレースをしようという気持ちは常にあった。僕はチームと一緒にこれまでの3年間を楽しんだので、ウイリアムズに強い愛情を持っている。だから、2017年に物事を推し進めていくのに必要な安定性と経験をチームに与える手助けをするために復帰するのが適切なことだと思ったんだ。

──F1に残るために他の機会をうかがうこともあり得たということですか?

マッサ:レース、競争、コース上での戦いに僕は情熱を持っている。今回復帰したのは、F1を最善の選択肢と見なしたからではなく、ウイリアムズでの役割が最善の選択肢だと思ったからだよ。他のチームのためだったら復帰していなかっただろうね。