レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2022.09.07 07:19
更新日: 2022.09.07 07:21

アルファタウリF1代表、角田裕毅は2023年に残留の見通しと語る。リーダーとしての資質にもポジティブな評価

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | アルファタウリF1代表、角田裕毅は2023年に残留の見通しと語る。リーダーとしての資質にもポジティブな評価

 アルファタウリF1チーム代表フランツ・トストは、ドライバーラインアップを決定するのはレッドブルであり、2023年についての発表は今後行うことになるが、自分の考えでは、現時点では角田裕毅は2023年にチームに残留する見込みであると語った。

 ピエール・ガスリーの残留は6月に発表済みだが、最近になってレッドブル首脳陣は、アルピーヌの求めに応じてガスリーを移籍させ、現在インディカーに参戦するコルトン・ハータを来年アルファタウリに乗せる可能性があることを認めた。ハータとに関しては関係者の間で基本的な合意がなされているが、F1に参戦するためのスーパーライセンスポイントが足りていないため、FIAの特例としての承認が必要であるという。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム