F1 ニュース

投稿日: 2016.04.15 22:22
更新日: 2016.04.15 22:23

どうなる2017年パワーユニット規定、最終期限が迫るも次回ミーティングは月末


F1 | どうなる2017年パワーユニット規定、最終期限が迫るも次回ミーティングは月末

 現在、2017年のエンジンレギュレーションについてのミーティングは予定されておらず、このままでは4月30日の最終期限までに何も決定しないだろうと、レッドブルのクリスチャン・ホーナーは語っている。

 チーム側の課題となっている新しいエアロダイナミクスとエンジンレギュレーションの決定について、FIA会長のジャン・トッドは今月初旬に「期日までに決まる」と自信を覗かせていた。しかしながら、エアロダイナミクスは決まりかけているものの、コスト、パフォーマンス、サウンド、パワーユニット供給については、まだ議論の余地があるという。

「非常に複雑な状況ではあるが、規則に安定性を持たせるため、組織委員会から4つの基準が要求されている。それらは約15億円の大幅なコスト削減、保証された供給、パワー差がありすぎないこと、そしてサウンドへの対応だ。しかし、いまの我々はそこに到達していない」

「残念なことに、このような状況では、月末までに何も達成されないまま時間切れを迎えてしまうだろう」

「ストラテジーグループの会合と、F1コミッションのミーティングが月末に開催されるが、そこでは我々には何が欠けていて、レギュレーションをどう変えるべきか議論されるだろう」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング