海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.08.23 10:36

プレマ・セオドールレーシグ 2017ヨーロピアンF3第7戦ザントフールト レースレポート


海外レース他 | プレマ・セオドールレーシグ 2017ヨーロピアンF3第7戦ザントフールト レースレポート

カラム・アイロット、ラウンド2で優勝
ミックは3連続ルーキーポディウム獲得

オランダ/ザントフールト
2017年8月18~20日

 オランダ伝統のサーキット、ザントフールト。かつてはF1GPも開かれ、F3というカテゴリーにとってもインターコンチネンタルカップの開催地として、マカオGPへと続く道となっていたレーストラックである。
 
 海岸のすぐ横にあり、コースにはいつも砂が舞いスリッピーなコンディションである事で有名だ。

 フリー走行を総合すると#3 マキシミリアン・ギュンターがトップ、#53 カラム・アイロットが4番手、#8 周冠宇 9番手、ミック・シューマッハが11番手と良い滑り出しを見せた。

予選1

 しかし予選になると一変し、フォルクスワーゲン(VW)勢が一気に伸び、メルセデス勢は中段に飲み込まれてしまった。
 
 メルセデス勢のトップは4番手を確保したマキシミリアン。これにカラムが続き5番手、周が8番手、ミックが9番手となる。レース1の予選結果はそのままスターティンググリッドに反映された。

レース1(シリーズ第19戦)

 4番グリッドはレコードラインでは無いコースインサイドからだがマキシミリアンは素晴らしいスタートダッシュを決め、ターン1-数々の名勝負の舞台となったタルザンコーナーの進入で2番グリッドからスタートの#62 フェルディナンド・ハブスバーグ(カーリン)をオーバーテイク。#31 ランド・ノリス(カーリン)、#1 ジョエル・エリクソン(motopark)に次いで3番手に上がった。
 
 このスタート直後のタルザンコーナーで周と#7 ラルフ・アーロン(ハイテックGP)がコンタクト。アーロンが#55 デビッド・ベックマン(motopark)に当たりベックマンは横転。グラベルに突き刺さってしまった為セーフティカー(SC)導入。

周冠宇(プレマ・セオドールレーシング)
周冠宇(プレマ・セオドールレーシング)

 
 少々、時間が掛かったが救出されたベックマンに大きなダメージは無かった。再スタート後、この事で周はドライブスルーのペナルティが下され順位を大きく落とし、最終的に16位完走に留まった。
 
 結局その後、大きな順位の変動は無くマキシミリアンは3位表彰台。カラムも5位でポイント重ね、9番グリッドからスタートしたミックは6位でゴール、ルーキークラス2位でこちらもポディウムに登壇した。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
橘香恋(たちばなかれん)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング